SICK OF CHAOS ブライスOF(アウトフィット)ブライスOFの参考資料
==============================

Sick Of Chaosは、2016年3月23日をもちまして、ロココ雑貨、洋食器ショップ「Noblesse Elegant」の事業内にて展開することとなりました。

新しいブログはこちら

ロココ、ヴィクトリアン雑貨ショップ Noblesse Elegant (ノブレス・エレガント) | アメブロ
http://ameblo.jp/noblesse-elegant

新しい公式サイトはこちら

Sick Of Chaos - オートクチュール ドールドレス・アウトフィット オーダーメイド - | 公式サイト
http://sick-of-chaos.com/

オーダーフォームはこちら

オーダーフォーム | 公式サイト
http://sick-of-chaos.com/order/

なお、Sick Of Chaosは、全てのドール服のオーダーを承る体制になりました。
今まで通りブライスドールでのご依頼も受け付けておりますので、是非ご連絡下さい。

==============================

ツイート

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライスOFの参考資料

2012–05–03 (Thu) 02:38
はい こんばんは

現在はまだまだスティーヴンタイラーです。

大分似てきました。嬉しいです。


ところで

前回の日記で触れたファッション展を見に ボストン美術館へ行って参りました。

展示会場の脇に 雑誌や図録なんかが置いてある資料室のような場所があって

そこで良い資料を見つけたので 帰って古書店で購入しました。


ファッション 18世紀から現在まで

securedownload.jpg

結構分厚くて 全部読めるかなーって感じですが

写真と注釈を見るだけでもかなり参考になりそうです。

securedownloada.jpg

こんな感じで イラストでしか見たことのなかったドレスも載っていたり

securedownloadd.jpg

19世紀のバッスルやパニエ コルセットなんかのインナーまで縫製されたものが載っていて

もう 見てるだけでテンション上がってくるくらいのミッチリ度です笑。


こういった資料はいくつあっても足りないくらいで。

色々探してはいるのですが 安価なものではないので中身を見て選びたいけれど

普通の書店では中々見付からないので 最近はネットでも探していたりします。


因みにこの書籍を出版している京都服飾文化研究財団では

数年に1度くらいのペースでファッション展を開催されているみたいで

中世のドレス展なんて凄く行きたい!!と思うのですが 近年はあまり開催されていないみたいです。。


ドレスに限らず 花魁衣装や生地一覧みたいな資料も欲しいですね。

こうしてちまちまと独学をして SICK OF CHAOSの作品はグレードアップしていくのです。

そして こういった資料なんかも ご依頼頂いている皆様のお陰で増やしていけてることに感謝します。


先日お二方からサインを頼まれたのですが ご依頼下さっている方 遠慮なくお申し付け下さいね。

そんな感じで スティーヴンはあと2/3と言う感じかな

頑張ります。

それではおやすみなさい(^^)

スポンサーサイト
テーマ→ドール / ジャンル→趣味・実用

« Blythe OF 近況 | HOME |  Steven Tyler~AEROSMITH~ »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://sickofchaos.blog120.fc2.com/tb.php/61-33dda5ab

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

PLOFIELE

RINA

Author:RINA


◆SICK OF CHAOS◆
はブライスのOUT FITブランドです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ドール・人形   Shop-Bell  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。